横浜で話題のフットケア

痛みの続く巻き爪の症状は関内の医療機関で相談

女性の多くはスキンケアの一つとして、爪のお手入れもきちんと行っているという方は多いです。

しかしネイルケアを行う方が増えたことにより、間違ったネイルケアを続けることで、様々な爪のトラブルが起こりやすくなっている現状があります。その一つが爪の端が内側部分に巻き込んでしまう巻き爪の症状です。巻き爪は主に足の指に起こりやすく、症状が進行すると巻き込んでいる部分に痛みを感じるだけではなく、足をかばったあるき方になるので姿勢がわるくなったり、膝や腰に負担がかかるので体の不調に繋がる恐れがあります。

巻き爪は普段のネイルケアで爪を深く切りすぎてしまうことが原因の一つだといわれています。深爪状態になると足の指に力が加わった時に爪の先の皮膚が力を受けて盛り上がります。そうなると爪はまっすぐ伸びることが出来ないので厚みがでたり、両端が巻いてくるようになります。他にも外反母趾やサイズの合わない靴を履き続けることも原因となるので、適切な爪切りを心がけて痛みの気になる部位はテーピングをするなど対処を行うようにしましょう。

もしセルフケアで改善しない場合は関内で巻き爪矯正の治療を行っている皮膚科などに相談をするようにしましょう。関内にはフットケア外来のある医療機関も多く、爪の形を矯正しながら痛みを取り除く治療方法を行っています。主に関内で行われているのがワイヤー法やクリップ法で、医師が症状を見ながら矯正方法を決めます。もし炎症を起こしてしまっているなら矯正ではなく、炎症を抑えるガター法と呼ばれる方法に切り替えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *