横浜で話題のフットケア

関内は巻き爪の専門クリニックが多い

関内には、巻き爪を専門的に治療しているクリニックが数多くあります。

そもそも巻き爪というのは、足の爪の端が内側に丸くなってしまう症状のことです。自分の足に合わない靴をはいたり、爪を正しくない方法で切ったり、定期的に運動をしていなかったりなどの原因で巻き爪になってしまうことが多いです。巻き爪になると爪が生えている部分に痛みや違和感を感じるようになり、スムーズに歩行ができなくなります。また、足の痛みをかばうために姿勢や歩き方に偏りが無意識に生まれることから、腰や膝に強い痛みを感じるようにもなるのです。

さらに、高齢者の場合、転倒のリスクも増えることから、巻き爪の症状が見られたら早めにクリニックを受診することが非常に大事です。関内のクリニックでは、主に道具を用いて爪を正常な形に戻していく「矯正治療」と「外科手術」による治療が行われています。まず、矯正治療というのはワイヤーやクリップなどを爪に装着する治療で、体への負担もなくスムーズに症状を改善することが可能です。

また、外科手術というのは、爪の丸くなっている部分を外科手術で切除していくことです。施術の前には局所麻酔を施してくれるので、痛みを感じることはありません。さらに、薬剤を使って爪母細胞を除去していくので、症状が再発するリスクが低いです。外科手術はそのまま関内のクリニックに入院する必要がなく、治療後はすぐに帰宅できるというメリットがあります。
関内で巻き爪のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *