横浜で話題のフットケア

関内で巻き爪の処置がうまいところ

巻き爪が出来る原因は、主に爪の切り方が悪い事があげられます。

足の爪は通常まっすぐに切るのが理想ですが、丸く食い込む形で切って深爪をしてしまいますと、奥に入り込んでしまい炎症したり痛みも生じます。歩くだけで激痛が走ったりすることもあれば、化膿すると何もせずともじんじんと痛みが生じることもあります。関内エリアにお住まいの方で、この巻き爪をどうにかしたいという場合には選択肢の一つには皮膚科や形成外科などを受診することも考えられます。

外科的な処置ですと、爪をニッパーで切ったり、入り込んでしまっている場合には麻酔をして爪を切開してとるという方法も有ります。しかしこれらの方法ですと巻き爪が再発する可能性も高いですし、あまりお勧めできません。もちろん炎症を起こしている場合には、関内のクリニックで抗炎症剤を処方してもらったりするのは重要ですが、処置という点では再発する可能性があるのでデメリットも有ります。

そこでお勧めなのが関内のフットケアサロンで、矯正をしてもらう事です。巻き爪の矯正はワイヤーを使う方法と、プレートを爪に接着仕手行う方法などがあります。状態によって使い分けをしたり、自分に合った方法を選択することが出来ます。痛みもない方法ですし、プレートタイプの方は邪魔になる事も有りませんし痛みもなく快適です。それぞれのサロンで行っている方法が異なりますし、まずはカウンセリングを受けてみる事から始めてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *