横浜で話題のフットケア

巻き爪トラブルは関内にある病院へ

関内近郊で暮らしている方は、巻き爪のトラブルがあったら、関内にある病院に診せるとよいでしょう。

受診する科は皮膚科や形成外科、整形外科が適していますので、関内にある病院を調べてから行かれるとよいです。皮膚科では一般的に診てもらえるのですが、症状が重い場合は小さな皮膚科では手術に対応していないことがあります。そのため酷い巻き爪がある方は総合病院にある皮膚科で診察を受けられる方が、よいかもしれません。

爪の治療に関しては、保険が適用される場合と適用されない場合がありますので、注意が必要です。保険が適用されない場合は、巻き爪の形状を変化させる処置や修復を行った場合なのですが、皮膚を切開したり、部分麻酔を使用する場合など手術をしなければならない場合は保険が適用されます。自分の症状は保険が適用されるかどうかを確認してから、治療を受けられるとよいかもしれません。また巻き爪補正器具を使用した治療を行う場合は、保険が適用されず、実費になることもあります。

いずれにせよ治療は医師とよく相談をし、十分に納得してから行うとよいです。巻き爪は自然には治らないことがほとんどですので、痛みや炎症が繰り返しあるという方は、早めに病院で診てもらうとよいでしょう。放置しておくと、爪周辺の皮膚が膿んでしまったり、腫れてしまうことがあります。そのままにしておくと状態が酷くなりますので、なるべく早く病院で診てもらうことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *