横浜で話題のフットケア

関内のフットケア外来で受ける巻き爪治療の内容

爪のトラブルの一つとして、巻き爪の症状に悩んでいる方は少なくありません。

巻き爪とは爪の端の部分が内側に巻き込むことで、足の指に多く起こる特徴を持っている症状です。巻き爪になってしまうと爪が肉に食い込むことで痛みを感じるだけではなく、痛みをかばって歩くことで姿勢や歩き方が悪くなり、膝や腰の痛みといった体全体の不調に繋がっていく恐れがでてきます。特に高齢者にこの爪のトラブルが起こると、転倒してしまう危険もあるため症状が悪化するまえに関内にある専門のクリニックで適切な対処を受けるようにしましょう。

症状が軽度の状態であれば、正しい爪切りを心がけ、足のサイズにあった靴を選んで履くようにしたりテーピングで痛みを軽減することで症状が改善する場合が多いです。しかし症状が悪化してしまうと、自分で行うセルフケアでは対処することが難しいため、関内にある皮膚科やフットケア外来のある医療機関に受診をして、適切な治療を受けることが大切です。実際に関内の医療機関で行われている治療内容は、主に保存的治療としてワイヤー法とクリップ法と呼ばれる矯正方法で治療を行っていきます。

この2つの方法は爪の形を矯正していくことで、痛みを取り除くことを目的としています。症状が軽度の場合はクリップ法と呼ばれる方法を利用して爪の表面を平らな形に整える方法を行い、重症の場合はワイヤー法と呼ばれる爪の先端部分に穴を開け、金属製の細いワイヤーを通して矯正を行う方法を行います。どちらの方法も爪が伸びてくるため、基本的に1~2ヶ月に1回は交換をする必要がでてきます。もし炎症を起こしてしまっているなら、爪の端と皮膚の間に柔らかなチューブを差し込むガター法を行い、炎症が治まるまで状態を見ることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *