横浜で話題のフットケア

巻き爪トラブルなら関内の専門クリニックに相談

普段から爪のお手入れは念入りに行っているという方は多いですが、間違った爪切りや足に合わない靴などを無理に履いていると、足先のトラブルの一つとして巻き爪になりやすくなるといわれています。

巻き爪とは爪の端が内側に巻き込んでしまう状態を指し、足の指に起こりやすい特徴を持っています。放置すると爪が巻き込んだ部分に痛みが起こるだけではなく、痛みを逃がすために不自然な歩き方になりやすく姿勢が悪くなり、膝や腰といった体の痛みにつながる危険が出てきます。そのため症状が悪化する前に、関内にある専門クリニックに相談をして適切な処置を受けるようにしましょう。関内で巻き爪処置を受ける場合、どのクリニックに受診をすればいいのかわからないという声も少なくありません。爪の治療は皮膚科や形成外科、整形外科などで対応してもらえることが多いですが、きちんとした治療を受けたいなら巻き爪矯正の治療を行っていると標榜している専門クリニックを調べ、受診することをおすすめします。

また爪が足の肉に食い込んで炎症を起こしてしまっている場合は保険適用で治療が受けられますが、炎症などが起こっておらず予防として治療を希望する場合は自由診療が基本となるので、受診前に費用面などを確認しておくことが大切です。一般的に関内にある専門クリニックで行われている治療方法は、爪の形を矯正して痛みを取り除くワイヤー法やクリップ法が使用されており、爪の伸び具合に合わせて1~2ヶ月ほどで交換をする必要があります。炎症を伴う症状の場合は爪の端と皮膚の間に柔らかいチューブを差し込むガター法が用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *