横浜で話題のフットケア

横浜関内にある巻き爪治療をしている皮膚科

爪の端が内側に巻き込んだ状態になることを巻き爪と言います。

巻き爪は、主に間違った爪切りや指へ過剰な力がかかった状態が続いていること、外反母趾や足の形に合わない靴を履いていることによって指に力がかからない状態が続くこと、体質・遺伝などが原因で起こります。外反母趾や足の形に合わない靴を履いていることやつま先をうっかり強打してしまったことなども原因となって起こるため、その多く足の爪に起きます。巻き爪は、正しく爪を切ったり、足にあった靴を履くなど正しいセルフケアをすることで改善することがあります。

しかし、巻き爪がひどくなってしまうと足に痛みが起きたり、膝や腰の痛みの原因になることもあるので、はやめに医療機関で巻き爪を治療・矯正することをおすすめします。横浜関内にある皮膚科では、爪の形を矯正して痛みを取りのぞく治療が行うことができます。軽傷の場合は、クリップ法と呼ばれる治療方で爪を平らにします。重症の場合は、ワイヤー法と呼ばれる治療法が用いられることが多く、爪の両端に穴を開けて金属製の細いワイヤーを通して矯正します。また、炎症を伴っている場合では、ガター法と呼ばれる治療法が用いられることがあり、この方法では爪の端と皮膚の間に柔らかいチューブを差し込んで、炎症が治まるのを待ちます。横浜関内の皮膚科は、JR根岸線関内駅、ブルーライン関内駅、みなとみらい線から徒歩でアクセス出来る距離にあり、横浜市近郊から電車での通院がしやすい病院です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *