横浜で話題のフットケア

関内に巻き爪を治療できるクリニックがあります

関内で巻き爪の治療をしている皮膚科やクリニックがあります。

巻き爪は治療することができるので、早めに関内の皮膚科やクリニックを受診すると痛みから解放されます。巻き爪の原因は深爪や靴による圧迫、白癬菌感染(水虫)やつま先の強打によるもの、遺伝や体質などが考えられます。深爪の場合、爪の周辺の肉が爪の先端部分を圧迫するため、圧迫に耐えられなくなった爪は湾曲してしまいます。先端の細い靴に爪が圧迫されたり、水虫の感染で周囲の肉が炎症を起こすことで浮腫み爪を圧迫し、爪水虫では爪が変形しやすくなります。関内にあるクリニックでは、根治手術やワイヤー矯正で治療を行っているクリニックがあります。このクリニックでは巻き爪によって膿んで腫れたり、他のクリニックでの手術や矯正後のトラブルや再発などにも対処しています。

水虫を伴なっていることも多いため、それによって足の浮腫みの原因にもなるため、肝機能のチェックや抗真菌剤の内服や外用などと並行した治療を行います。VHOワイヤー矯正は、3本のワイヤーを使ったドイツの施術方法を取り入れ、爪の湾曲に合わせて手作りしたワイヤーのフックを使い矯正します。施術機関は数ヶ月から1年程度で、その後1~2ヵ月ごとにワイヤーを交換します。VHOワイヤー矯正方法は、ドイツのFSIより正式に認定されたライセンスを取得した人のみが施術できる方法です。関内にあるクリニックには、ドイツのワイヤー矯正が可能なところもあったり、他のクリニックや皮膚科でも巻き爪を治療できるところはあるので、症状が悪化しないよう早めに受診するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *