横浜で話題のフットケア

関内で巻き爪になったとき

関内で巻き爪になってしまったとき、どんな処置をするべきでしょうか。

巻き爪は足の親指に起こり易く、炎症が起こり痛みが現れます。この原因となるのは爪の切り方や歩き方、それに足に合っていない靴を長く履いていることから外反母指などでも起こります。関内で自分でケアすることも可能で、簡単なのは爪を深く切り過ぎないことです。もうひとつのセルフケアはテーピングで、指の爪の両脇の皮膚を引っ張るようにテープを貼り付け、爪と皮膚の間にすき間を作ることが目的です。テーピングは根本的な治療というよりも巻き爪が軽い状態で、痛みがある場合に軽減させる効果があります。

病院でも治療が必要なのは、痛みが強く歩くのに支障がある場合です。このような時の治療方法は初期であれば保存的治療である、ワイヤー法とクリップ法があります。これは爪の形を矯正して、痛みを取り除くことが可能です。巻き爪が軽症で炎症がないことが条件となるクリップ法と、重症の場合にはワイヤー法という爪の両端に穴を開けワイヤーを通します。どちらも爪の伸び具合で1ヶ月から2ヶ月に1回、クリップとワイヤーを交換します。炎症が強い場合にはガター法といわれる、爪の両端と皮膚の間に医療用の柔らかいチューブを差し込む治療法を行います。何科を受診すればよいかですが、皮膚科や形成外科・整形外科・足のクリニックと表示されている関内の病院を探しましょう。巻き爪は病名ではないので、炎症がないときは自由診療となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *