横浜で話題のフットケア

関内にある巻き爪を解消するクリニック

関内には爪のトラブルに対応しているクリニックが数多くありますが、とりわけ巻き爪の相談のために受診する患者は数多くいます。

この巻き爪とは、爪の下の組織が盛り上がることで曲がってしまう症状のことです。そもそも爪というのは、歩いて地面を踏みしめて足の指に力がかかることで平らに保たれているものです。しかし、加齢や長期の入院などで歩く機会が大幅に減ってしまうと指に適切な力が加わらなくなり、巻き爪の症状が発生しやすくなるというわけです。自力で元に戻すことはとても難しく、そのまま放置していると爪が皮膚に食い込んで強い痛みを感じるようになります。さらに、曲がった爪が皮膚が食い込むことで化膿が起こる上に、痛みから足をかばうようになることから膝や腰にも強い痛みを感じます。そのまま放置していると症状が悪化していくので、異常を感じたらすぐに関内のクリニックに相談することが大事です。

関内のクリニックでは、軽度の巻き爪であればコットンパッキングによる保存療法で治療を行います。これは、巻き爪を起こしている爪の下に小さく丸めたコットンを挿入する治療です。コットンを入れることで爪が丸まるのを矯正できる上に、ある程度の痛みを緩和することができます。また、症状が重い場合は、巻き込んだ爪を切除した後、爪の根元をフェノールで染み込ませた綿棒で焼き殺すフェノール法による手術療法が行われます。フェノール法は痛みを感じることがないので、安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *