横浜で話題のフットケア

関内で巻き爪に悩まされたときの対処法とは

関内でも男女問わず、巻き爪に悩まされている人も多いことでしょう。

常に負担がかかりやすい足の親指に症状があらわれることが多いですが、場合によってはほかの指の爪、また手の爪に症状があらわれることもあります。特に傷みもないし大丈夫だろうと放置する人もいますが、進行するとどんどん爪が皮膚に食い込んで、激しい痛みを伴うことにもなります。また皮膚が化膿すると痛くて歩くことさえもできなくなってしまう人もいるほどです。このようなことにならないためにも、関内で巻き爪に悩まされた場合には、適切な対処をとる必要があります。関内で巻き爪に悩まされた場合には、まず最初に病院へ行くようにしましょう。巻き爪の症状を見てもらえる信頼できる関内の病院を探します。

ここでは皮膚に刺さった爪を削除してもらい、化膿している部分を治療してもらいます。トゲになっている部分を切ってもらい、化膿している状態が治れば、補正器具を使うことができます。しかし遺伝子的な要因や原因を排除できない、内疾患などの様々な理由によっては、継続補正や手術などが検討されることにもなります。継続補正とは、美容室や床屋に行くような感覚でケアを受ける方法です。手術は積極的にすすめられるものではありませんが、一つの選択肢となります。一度手術を行えば手術前の状態に戻すことは難しいので、できる限り継続補正を行いたいところです。巻き爪の症状は程度が軽ければ軽いほど短期間で改善が期待できるので、早い段階で相談するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *