カンボジアからの外国人研修生受け入れについて

近年日本では、外国人研修生を受け入れている企業が増加しています。
発展途上国の若者は、日本の文化に触れることで日本の優れた技術を学んで帰って自国の発展に貢献しようとしている人がたくさんいます。


カンボジア自体がまだまだ馴染みがない国ですし決して豊かな国ではありません。

安心、信頼のカンボジアの外国人研修生はかなり有益な情報が揃っています。

東南アジアのインドシナ半島の南部に位置しています。言語はクメール語で宗教は「仏教の国」といってもいいほど仏教徒の多い国です。

国民性はおおらかでフレンドリーな人が多いです。

先進国のように競争社会でギスギスしたところはありません。おとなしくて熱心に働くことでカンボジアの外国人研修生は、日本社会に溶け込むのも容易です。

このため一度外国人研修生を受け入れたことのある企業は受け入れを歓迎しています。


人手不足の日本では、貴重な人材になり技術を教えるうえでカンボジアの出身の人は向いています。

カンボジアサイドの送り出し機関も日本語教育を施し日本を理解し注目される人材になれるよう、研修を済ませてから派遣しますので安心して受け入れることができます。

カンボジア政府も国をあげて研修生の送り出しを支援してくれています。



日本では医療や福祉においても人材不足は深刻になってきています。



受け入れをすることで人手不足を解消できるだけでなく大切な道筋を築くこともできます。
一度つながりが深く成れば日本で技術を学びたいと考える若者は増えるはずです。お互いの国が豊かな心になれるような外国人研修生の受け入れが望ましいです。