iPhoneXの新スペック

iPhoneXは処理能力向上のためにA11プロセッサが搭載されることになります。


OSについてはios11と処理速度や機能アップされることになります。iPhoneXはデザインや画面が変更されるというのが特徴であり、これまでのホームボタンは廃止される見込みですが、画面が大きくなり有機ELが採用されることになります。iPhoneXの充電方法はこれまでのようなLightning端子経由で行うという方法だけでなく、ワイヤレス充電に対応します。ワイヤレスでは本体を置いておくだけで充電することができることになります。

ホームボタンがなくなることで使用する場合の認証機能が気になりますが、これは背面に搭載されるということになり、本体を持つことで認証することもできます。認証機能は指紋だけではなく虹彩認証機能が搭載されるということです。



iPhoneXには立体に画面を映し出すことができる3Dカメラを搭載しているということで撮影した画像を加工するということだけでなく回転させるなどの機能も取り入れられます。

本体は一枚板のような見た目になりガラスで覆われているように見えます。



薄くてきれいなデザインは特徴があります。

ヘビーユーザーが期待する部分はこのようなデザイン変更で使いやすくなるということだけでなく、新型プロセッサによる処理速度の向上が気になるところです。

CPUパフォーマンスとしては1.7倍にもなるという数値も報告されているため期待できます。iPhoneXの発売日については様々な予想が行われていますが、正確な情報は公表されていません。


2017年の10月か11月には発売されると考える専門家も存在しますが、新型ディスプレイの生産体制などの問題で2018年まで延長される可能性もあります。
iPhoneXが従来のタイプと大きく異なる点はデザインとディスプレイです。デザインは大幅に変更されるよ予想されています。

iPhoneXには従来のタイプと異なりホームボタンが廃止されファンクションエリアが設けられる予定です。

またカラーバリエーションにもミラーカラーが追加されると予想されます。

デザインが変更になるだけでなく、ディスプレイも従来型と大きく異なります。

従来は液晶ディスプレイが利用されていました。

液晶ディスプレイでは発光体としてバックライトが必要です。

また発色を行うために液晶を使用しました。
新型のOLEDディスプレイはバックライトも液晶も不要です。

OLEDとは有機EL、発光ダイオードなどとも呼ばれます。

OLED自体が発光するため、別途バックライトを搭載する必要がありません。

基盤もガラス素材やフィルム素材を使用できます。

iPhoneXにはスチールケースが採用される予定です。本来OLEDディスプレイは薄く曲げることもできます。

OLEDディスプレイによってiPhoneXは従来型よりも薄くなると予想されています。

発売日はOLEDディスプレイの生産体制などの影響を受けるためまだ未定です。
一般的には2017年の10月から11月頃とされています。

iphoneXに出会えて満足です。

2017年はiPhoneXが発売される記念するべき年です。

iphoneが発売されたのが2007年なので、2017年はiphoneの10周年記念ともされています。

そのため、iPhoneXにいれる力も大きなものになるでしょう。
前のシリーズよりも機能性も大きく変更されています。
まず、デザインの特徴としてガラスを使われているので、外観も大きく違います。

ガラスといっても強度の高いものなので、心配する必要はありません。


ホームボタンが廃止されるという情報が有力なので、画面が表示されるサイズも前のシリーズと比べると大きくなるので、ユーザーにとっても使い勝手のいいものが発売されます。
また、ホームボタンは画面内に設定されるので、以前のシリーズに慣れている人は新しいものに対応するために慣れが必要でしょう。

iPhoneXではいろいろな機能が追加されるので、それぞれの機能の特徴を理解することで、使いこなすことができるようになります。


先行販売される地域もあるので、発売されれば詳しい機能説明や外観を知ることができます。情報が気になる人は、新しい情報が更新されるのを待ちましょう。

動画で情報公開している人や機能の予想をしている人もいるので、いろいろな情報を集めて期待を膨らませるのも面白いでしょう。

新しい情報を自ら発信することで、いろいろな人からリアクションをもらうこともできます。

情報収集を行い、情報発信をすれば人の役にも立つはずです。

iPhoneXは、2017年秋頃のリリースが見込まれています。
そんなiPhoneXには、A11プロセッサが搭載されると言われています。

A11プロセッサを搭載すれば、グラフィックス性能が大幅に高まるのではと期待されています。
そんなA11プロセッサの製造に関しては、台湾のTSMCと呼ばれる企業が独占的な受注を受けています。

元々A11プロセッサは、4月に生産がスタートし、その後量産体制に入ると言われていました。


しかし実際は、5月に生産がスタートし、7月下旬にようやく量産体制に入ったと見られています。

その為、iPhoneXが2017年秋頃のリリースである事を考えると、少し遅いとも言える状況です。

また、A11プロセッサがTSMCの独占供給である事を考えると、iPhoneXのリリースは2017年秋頃といっても、冬に近い晩秋になる可能性が高いと言えます。

実際に、iPhoneXがリリースされても当初は品薄状態が続くという声が、既に各方面から挙がっているほどです。
A11プロセッサの生産の遅れを考えると、リリース後の品薄状態も想像が出来るでしょう。

こうした状況から、リリース後出来るだけ早く手に入れたいのであれば、キャリアが予約受付をスタートしたらすぐに予約を行うべきという声が圧倒的です。

現段階ではどのキャリアもまだ予約受付をスタートさせていませんが、出来るだけ最新情報をチェックする事を心がけましょう。