カンボジアで外国人研修生を目指す人が多い理由

発展途上国の一つであるカンボジアから、日本に外国人研修生として来る人々が増えています。
実際、彼らが研修生としての来日を目指すことには一体どんな理由があるのでしょうか。生活水準がまだそれほど高くはないカンボジアにおいては、多くの若者が家族を養うために日々奮闘しており、そうした若者の中には日本の技術を学びたいと願う人が多くなっています。
特に農業や農牧についての技術を習得して帰国すれば、自国での仕事に大いに役立てることができるのです。
そのため、外国人研修生として来日し、農業や工業といった水産系の職場で働きながら必要な技術を習得していきたいと思うのでしょう。
最近では、農業や工業に限らず、日本の医療機関や福祉機関での研修を受ける外国人研修生が増えていると言われています。

カンボジアの外国人研修生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

その背景には、カンボジアの医療事情や介護事情が大きく関係していると言えるでしょう。
基本的に言って、カンボジアにおいては日本ほど医療機関が整っておらず、医療や介護の分野に関する知識も十分ではありません。



そのため、自国における人々の健康的な暮らしを実現させるため、日本で医療や介護について学びたいと希望する人が多いというわけです。これらの理由に加えて、カンボジアの人々は日本という国もしくは日本人に対して大変良い印象を持っています。



それは古くから繋がりのあった国であるという点も背景にあると言えます。いずれにしても、彼らにとって外国人研修生として日本で働くのは一つの夢とも言えるのです。