人材派遣のカンボジア人材開発

カンボジアは国民の7割以上が農業に従事している農業国で、国の政策として第1次産業からの脱却があげられています。

カンボジアの人材派遣に関する情報が閲覧できます。

25歳以上で高卒以上の教育を受けている割合が5%程度で、このことが国の政策の阻害要因になっています。



そのため、管理職や専門職、技術職や事務職などを必要とする国内産業が伸びずに、雇用や人材育成が外資企業頼みという状況があるのも事実です。カンボジアでは、経済特区を中心に日本をはじめ外国企業が進出しているので、サービスや製造業を中心にマネージャー職の需要が高くなっていますが、経験を重視するので若干のハードルの高さがあります。また、ビジネスは、英語での会話や実務が要求される場面が多いので、英語力が必要になるのはいうまでもありません。


このような側面があるので、大阪府枚方市にあるカンボジア人材開発では、カンボジアで働きたい人や進出する日系企業を支援するために、新規採用や人材派遣、社員育成などのサービスを実施しています。

具体的な採用方法は、問い合わせがあったあと履歴書や職務経歴書の確認、そして企業の紹介と企業への推薦、そのご企業による書類選考と面接の実施があります。

面接には面接サポートとして事前にアドバイスなどを行っています。

採用の場合には企業側の業務内容や採用条件の確認後、入社日のスケジュール調整と行い、人材派遣を実施します。



このようにカンボジア人材開発は現地で働きたい人、求められている人を橋渡しするために人材派遣をしている会社です。