iPhoneXの売り方は日本企業にも参考になります

iPhoneXの、今年中の発売開始がささやかれています。


公式発表はまだありませんが、iphoneシリーズは毎年新機種が発売されており、今年もこれに倣うと考えられています。新機種として発売が予測されているiPhoneXに限らず、iphoneシリーズはスマートフォンの中で、特に性能が優れているわけではありませんし、見た目も他のスマートフォンと特に変わるわけではありません。

しかし、iphoneは常に大きな売り上げを達成しており、その販売戦略は日本の企業も見習うところが多いです。

iPhoneXの場合、どうなるかまだ分かりませんが、iphoneシリーズが発売される際には、経営者自ら壇上に立ち、商品の紹介をしています。

経営者が商品に熱中し、世の中を変える優れた商品であると発表している姿を見て、多くの消費者が感化され、購入します。

また、経営者自身が教育問題や、人道問題によく発言をしており、メディアの露出も多い状態を保っており、企業の認知度を上げ続けています。


日本の企業の多くでは、経営者の顔が見えず、消費者の多くが経営者のことを知りません。



経営者がメディアに出ないので、企業の認知度もあまり上がらず、商品の人気も上がりません。iPhoneXの発売の際にも、経営者自ら発表し、商品の魅力について語っていくと予測されます。

日本の企業でも、経営者が自分の企業が作っている商品に対し、魅力を感じていることを消費者の目の前で示せば、売り上げが改善し、業績が良くなる可能性は高いです。

約2年おきにNewモデルが発表されてきた、Apple社のiPhoneシリーズ。

しかし、初代iPhone発売10周年となる2017年には、そのサイクルを早めて、iPhoneXが発表されるのではないかと噂されています。



ここでは、iPhoneXに関する各メディアの予測を簡単にまとめました。

iPhoneXの発売時期に関し、以前より有力視されていた予測は、2017年の秋口です。


夏に早まるのではないかとの意見も出ましたが、2017年7月に入った現在では再び、秋口になるとの予想が定着しています。


より詳しい予測では、2017年9月の第1週に発表、9月中旬より発売が開始されるのではとの声もあります。



近年のApple社の製品発表時期に則った予測となっているため、ありえない日程ではありません。
スペックに関しては、最も大きな変化として、ストレージの容量が増えるとの予想が確実視されているようです。
技術の発達により、アプリなどの解析率が全体的に高まり、各アプリ等のデータサイズが大きくなりました。その影響を配慮し、iphone7の発売より16GBモデルが廃止されています。


現在Apple社で販売されるiPhoneに、16GBモデルはラインナップされていません。iPhoneXでは、さらに32GBモデルも廃止され、新たに256GBのモデルが登場するのではないかと予想されています。

同時に発表されるであろうiphone7s、iphone7plusでも同様となる見通しです。

また、iphoneのNewモデルは、8という名称ではなく、iphoneproというNewシリーズになるとの情報も出ています。

iPadProの流れを汲んだと考えれば、このネーミングも自然です。


世界中が注目する、新しいiphone。

私達にまたどんな驚きをもたらしてくれるのか、公式発表を待ちましょう。