iPhoneXの情報は憶測の域を出ていません

iPhoneXが今年発売される予定ですが、どのような外観や機能なのか、公式にはまったく発表されていませんが、インターネット上では様々な憶測がなされ、信憑性が高い情報も数多くあります。

オンライン上で憶測されていた情報の1つに、iPhoneXでは従来通りの水平の画面ではなく、かつてのブラウン管テレビのような、曲がった形の曲面ディスプレイになるのではないか、というものがありました。
しかし、曲面ディスプレイは、技術面でも達成が難しいうえに、生産体制が間に合わず、中止になった可能性もあります。

そして、iPhoneXでは、充電するときに充電コードを直接ささなくてもよい、遠隔充電ができるようになっているのではないか、という情報もあります。

遠隔充電ができると、コンセントの近くでなくても充電できるため、iphoneを使用しながら充電することができます。



しかし、この遠隔充電も中止になった可能性がある、という情報も存在します。



また、ディスプレイの大きさに関しても、数種類選べるようになるかもしれない、という情報もあります。

しかし、いつものことですが、新作のiphoneが発売されるときには、公式な情報はほとんど配信されないため、ほとんどの情報は噂や憶測の範疇を出ていません。

iphoneシリーズには、熱狂的なファンが多く、iPhoneXに関してもファンによる情報提供が、数多く配信されています。


しかし、憶測の範疇を出た、確信的な情報はほとんどなく、iPhoneXがどのようなスマートフォンになるのか、不明ではあります。


iPhoneXの発売が迫っているとささやかれていますが、公式の発表は全くなく、消費者の期待感のみが膨れ上がっています。


iPhoneXの未確認情報は、オンライン上では数多く流れており、iPhoneXの情報が配信されるたびに、ファンはかなり強い反応を示しています。個人でブログやホームページをカスタマイズして、情報を配信している人もいるぐらいで、その熱狂ぶりが伺えます。このような手法は、プロダクトローンチと呼ばれ、特にオンライン上で使われています。プロダクトローンチとは、情報を長期間にかけて、小出しで消費者に見せ、期待感を高めていって、売り上げの拡大を狙うものです。

資金力があまりない、個人事業主や小企業の場合は、動画やメールマガジンを使って、情報を配信していきますが、iPhoneXのように発売企業に十分な資金がある場合、雑誌などのメディアも利用して、プロダクトローンチが展開されていきます。


iphoneシリーズの販売には、この手段がよく使われています。

プロダクトローンチの展開により、iPhoneXに対する興味は大いに高まっています。

発売前にも関わらず、多くのファンが情報を無償で配信している状況が続いています。

また、過去のiphoneに関しても、興味はいまだに薄れていません。



iphoneに対する販売戦略は、非常に大きな成功を収めており、製品の質の高さでは世界でも有数の日本企業でも、見習うところは多くあります。